FC2ブログ

おばちゃんの定義は人それぞれ

今、Facebookを見ていたら同世代のバイラオーラが自分の事を「私は根っからの大阪のおばちゃん」と書いていた。



みなさんどうも、久しぶりに書きますよ、加齢に対する持論を。
自分で自分のことを「おばちゃん」と呼びはじめた日から、本当におばさんになっちまう説であります。


子どもが幼稚園に入った頃の衝撃ですが、いわゆるママ友のみなさんが自分の事を「おばちゃん」と言い出した。
私には抵抗がありすぎて、その手法は使えずこの年になってしまった。
一人称は「わたし」でやり過ごしたのであります。

当時20代のお母さんでも「おばちゃん手法」を用いて、我が子のお友達と接していた。
若いおばちゃんは違和感満載だけど、柔軟性抜群な子ども達はお友達のお母さん=おばちゃんになっていたのでは??
いやな文化である。

とは言え「なんとかちゃんママ」も気持ち悪いきがした。
まわりくどい。

でも今思うと、私がめんどくさい人間だったという気がしないでもない。
割り切って、「おばちゃん」でやらせてもらえば良かったのか。




時は過ぎアラフィフ世代になり、老眼や疲れなど、本当の意味での老いが忍び寄ってきました。


先日久しぶりに会った息子にも
「母さん、変わったなぁ。キャぴらなくなった。」と言われた。
一緒に暮らしてた頃はきゃぴってたそうです!!
それはそれでやっば!!

つい最近まできゃぴってた事実の方がやばいですが、少し落ち着いて年相応の女性になれたと言う事にしておきます^^



話は戻りますが、冒頭の同世代の女性が自分でおばちゃんと書いているのを読んで、
私ももう「おばちゃん」でいっか、その方が楽そうだな思った。
するとじわじわと胸の中につらみが染み込んできました。

この感覚、昔感じた何かに似とるなと思ってじっくり向き合ってみたら、小学生の頃悪口を言われて傷ついた気持ちと同じ感覚でした。


ああ、私はまだおばちゃんを受け入れてないみたいなので、未だおばちゃんではありませーん。





去年のお誕生日




地紙直美フラメンコ教室のホームページはこちら











スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

レッスン生募集中♪
土曜テクニカクラスの日程はホームページでご確認下さい。 ◎松山市総合コミュニティセンター(練習室)14:30〜15:30 事前にお申し込み下さい。 ★お問合せ★ naomi.flamenco@gmail.com 090-7577-5614 ホームページはこちらをクリック!
動画
PV・青春ジュニアクラス編 5周年記念発表会 Naomi JIgami
ライブ写真☆
プロフィール
profileW21A9740-r 直美2 地紙 直美 (Naomi Jigami)  沖縄出身。12歳よりダンスを始める。高校卒業後、東京のデザイン学校へ進学。その後結婚により愛媛へ。 1996年 加地恵理氏に師事。 短期渡西や国内クルシージョを通じて ホアキン・グリロ、ミゲル・アンヘル・エレディア他 多くのアーティストに学ぶ。 県内外での公演、ライブ、イベント等に出演。 また、活躍するアーティストを招いてのライブ、クルシージョ企画を展開。 2011年 地紙直美フラメンコ教室を開講。 後進の育成に励み、発表会や生徒ライブなど積極的に行う。 自身のフラメンコ修行もまだまだ継続中!
クリック、ありがとう☆
にほんブログ村 演劇ブログ フラメンコへ
人気ブログランキングへ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
終了したイベント・ライブ
写真 2018-01-25 12 39 41  830 ファイル 2016-05-27 13 32 46-600 2016発表会830 芸術祭 2015 写真 2l 写真 1l 写真 写真tokusima 坂の上のフラメンコ 写真222 フラメンコライブ830 繝ゥ繧、繧サ繧ケ_convert_20101027180620 30th-ワインパーティーDM いっぺんさん 豺サ莉論convert_20101027181709
☆ちゅらめんこ☆
5小
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR